ボーディングスクールでの生活

日本語で寄宿学校や全寮制学校とも言われる事があるボーディングスクールですが、同じ学年の生徒や教師と共に生活をするというスタイルの学校です。

しかし実際にはどの様な生活を送ることが出来るのでしょうか。

学校によってそのスタイルは異なりますが、中にはボーディングスクールへ持ち込む事が出来る物が限定されているケースもあります。

学校によっては非常にルールが厳しい場合もあり、数多くの制限が設けられる事もあります。



日中は主に勉強を行い、学校が終わると自由時間が設けられているケースがありますが、その自由時間も1時間や2時間等決められるケースもあります。

T-SITEの情報を求める人におすすめのサイトです。

就寝時間が厳しく決められている事もありますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

規則正しい生活スタイルを促進する学校の場合は、就寝時間もそして起床時間も設定されている事もあります。
親元を離れて生活する分、学校が生徒の生活習慣を管理するという点は非常に魅力的とも言えるでしょう。

毎日同じ生活スタイルで、かつ周りの生徒も同じ習慣で過ごす事で、規則正しい生活を体と環境で学ぶ事が出来ます。

同じ年齢の仲間と生活を共にし、中には共同部屋で数名同じ部屋で生活する事もありますので、団結力や仲間意識を培うには良い環境とも言えるでしょう。



この様に日本ではまだあまり馴染みが無いかもしれませんが、海外では古くから教育方法の一環として取り入れられてきたボーディングスクールですので、子供の教育として取り入れてみても良いかもしれません。