高校留学をする人が増えている

近年、英語を重要視する教育改革が進められ、2020年には大学入試が大きく変わると言われています。

英語を「読める」「書ける」ではなく「使える」ことが大切になり、例えば数学の証明を英語で書けるようになる、理科実験のレポートを英語で書けるようになるというところまで必要になってきます。

しかし、目標はそうですが今現在の日本の教育でそこまで身につけることは困難です。

高校留学について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

先のことを考え大学生を中心に留学する人が増えてきていますが、高校生も例外ではありません。

Girls Channelを情報を幅広くご活用下さい。

大学で本格的に留学を考えている人で、高校のうちに練習のつもりで夏休みや冬休みを利用して短期留学に行く人も多いですが、単位取得を目的とした長期の高校留学もだんだんと増えてきています。

国によって学生の受け入れ時期が違うので一概には言えませんが、長期の高校留学となるとだいたい1年間が留学期間となります。

海外の高校で、そこにいる高校生と同じように授業を受けるのですが、異文化交流を目的とした留学と、卒業目的の留学の2パターンが主流です。



1年間高校留学する場合の費用の相場は300~400万円で、短期留学に比べると費用はかなりかかります。


しかし、ただ英語を学ぶだけでなく、1年間異文化を肌に感じることができるので視野が確実に広がります。

大学へ入学してから、社会人になってからも役立つ貴重な経験ですので、費用を工面できるのであれば行ってみることはとても価値のあることです。